Go to Contents
検索

おすすめ #米朝 #朝米
記事一覧

米朝対話再開なら2回目首脳会談の具体的議論可能 米高官

2018.12.21 15:35

【ソウル聯合ニュース】米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表は21日、非核化などを巡る朝米(米朝)の対話が再開されれば2回目の朝米首脳会談開催に関する詳細を議論できるとの考えを示した。

報道陣の質問に応じるビーガン氏=21日、ソウル(聯合ニュース)

 ビーガン氏はソウルで開催された非核化や南北関係、対北朝鮮制裁問題などを調整する韓米作業部会(ワーキンググループ)の会合後、記者団に対し「われわれは北朝鮮のパートナーと次の段階の議論をしたい」と述べ、今後の朝米交渉でトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)による2回目の首脳会談に対する具体的な議論が可能だとした。

 2回目の首脳会談の日時や場所については今の時点で発表することはないとした上で、「受け入れ可能な結果に到達するため北朝鮮と努力する」と述べた。

 朝米首脳の再会談を巡っては、トランプ氏が今月初め、来年1月か2月に開催される可能性があるとの見通しを示した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください