Go to Contents
検索

おすすめ #徴用 #新日鉄住金
韓日関係

新日鉄住金資産を差し押さえ 株式の売買・譲渡不可に=韓国

2019.01.09 20:05

【浦項聯合ニュース】日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者への賠償を新日鉄住金に命じた韓国大法院(最高裁)判決を巡って、大邱地裁浦項支部が同社と韓国鉄鋼最大手・ポスコの合弁会社「PNR」の株式の差し押さえを認めたことを受け、PNRが同支部からの書類を受け取った9日、差し押さえの効力が発生した。

新日鉄住金とポスコの合弁会社「PNR」(同社ホームページより)=(聯合ニュース)

 効力が発生したことで、新日鉄住金は被害者側の弁護団が申請したPNR株8万1075株(約4億ウォン=約4000万円相当)について、売買や譲渡などを行う権利を失った。

 被害者側の弁護団は賠償判決が確定したにもかかわらず新日鉄住金が判決を履行しないため、先月31日に同社が韓国内に保有する資産の差し押さえを裁判所に申し立て、大邱地裁浦項支部は今月3日にPNRの株式差し押さえの申請を承認し、同社に書類を送付した。

 書類の送付から受け取りまでに時間がかかっていたことから、一部では同社が書類の受け取りを拒否したとの見方も出ていた。

 だが、PNRや親会社のポスコなどによると、同社が国の保安施設に指定されているため、文書の伝達に時間がかかるという。

 慶尚北道・浦項にあるポスコの系列会社はポスコ本社のシステムを使って文書をやり取りする。そのため、PNRの関係者と業務代行司法書士はこの日、地裁浦項支部に出向き、状況を説明して文書を直接受け取った。

 ただ、書類の受け取りにより効力が発生しても、企業運営に問題が発生することはない。監査報告書によると、PNRは2008年に設立され、鉄鋼生産で出た副産物のリサイクルを主要事業とする。ポスコがPNR株の70%、新日鉄住金が30%を保有する。ポスコの持ち株の方がはるかに多いため、新日鉄住金の持ち株が一部差し押さえられても経営に影響はないというのが会社側の判断だ。PNRの従業員は約70人で、年間の売上額は337億ウォン規模という。

 大法院は昨年10月末、強制徴用被害者4人が新日鉄住金を相手取り、損害賠償を求めた訴訟で、1人当たり1億ウォンを支払うよう命じた。

 弁護団は被害者2人の損害賠償金と遅延損害金に該当する8万1075株の差し押さえを申し立てた。

 被害者側の弁護団は「被害者は、通常であれば差し押さえ命令申請とともに行う売却命令申請をしていない」とし、「新日鉄住金と協議する余地を残すため、差し押さえによる資産保全はするが、現金化はしないという意味だ」と説明した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 韓日関係
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください