Go to Contents
検索

おすすめ #茨木のり子
韓日関係

詩人・茨木のり子の代表作収めた詩集 韓国で出版

2019.02.12 11:56

【ソウル聯合ニュース】韓国とのゆかりが深いことで知られる日本の詩人で、2006年に亡くなった茨木のり子の代表作を収めた詩集「はじめての町」が、先ごろ韓国で翻訳出版された。

詩集の表紙(出版元提供)=(聯合ニュース)

 1926年生まれの茨木氏は「わたしが一番きれいだったとき」などの作品を通じ、戦争体験の痛みと悲しみを鋭い感性で描いた。

 茨木氏の詩は単に喪失感や怒り、羞恥心などの否定的な感情を表すのではなく、さまざまな感情を抱えながら自由と希望を求め、勇敢に一歩を踏み出す。

 韓日間の歴史問題についてもあるがままに直視し、自らの感情を受容して成熟した形で表現した。

 夫を失った翌年の76年から韓国語を学び始めた茨木氏は、韓国の国民的詩人の尹東柱(ユン・ドンジュ)や申庚林(シン・ギョンリム)の詩を愛読し、韓国現代詩の翻訳を手掛けたほか、ハングルと韓国に関するエッセー「ハングルへの旅」を発表した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 韓日関係
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください