Go to Contents
検索

記事一覧

ベトナム副首相兼外相が北朝鮮へ 金正恩氏の国賓訪問を調整か

2019.02.12 12:02

【ハノイ、北京聯合ニュース】ベトナムのファム・ビン・ミン副首相兼外相が12日、北朝鮮へと出発した。14日まで滞在予定。朝米(米朝)が2回目の首脳会談を27~28日にベトナム・ハノイで開催するのに合わせ、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)のベトナム国賓訪問を調整する目的とみられる。

昨年11月、ベトナム・ハノイで会談した北朝鮮の李容浩外相(左)とファム・ビン・ミン副首相兼外相(資料写真)=(聯合ニュース)

 ファム・ビン・ミン氏は12日朝(現地時間、以下同じ)、中国・北京へ向かった。同地で午後0時半出発の北朝鮮・高麗航空機に乗り継ぎ、平壌入りするようだ。

 消息筋によると、ファム・ビン・ミン氏には儀典担当の局長や外務省の報道官、北東アジア担当の局長ら5人が同行している。ハノイでの朝米首脳会談開催を前後し、金委員長がベトナムを国賓訪問する問題を最終調整するため、外国元首ら要人の儀典を担う局長が同行したとみられる。 

 金委員長のベトナム訪問に関しては、金委員長の側近で儀典を取り仕切るキム・チャンソン国務委員会部長がハノイを訪れ協議するとの見方もあったが、双方は平壌を実務交渉の場に選択した。儀典担当の間で意見が分かれる場合は高官クラスで直ちに調整を図れるよう、副首相を兼ねるベトナム外相が訪朝することになったようだ。

 ベトナム外務省の報道官は前日ツイッターに、ファム・ビン・ミン副首相兼外相が北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相の招きで12~14日に北朝鮮を公式訪問する予定と書き込んでいる。そのため、ファム・ビン・ミン氏が李氏らと会談し、金委員長のベトナム訪問の形式と具体的な日程、宿泊先、移動などの詳細を話し合うとの観測も出ている。ファム・ビン・ミン氏が金委員長を表敬する可能性もある。

 一方、これとは別に、朝米首脳会談の儀典など実務準備のため、キム・チャンソン部長らが事前にハノイを訪問することもあり得る。

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください