Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

韓国 けさのニュース(2月14日)

2019.02.14 10:00

◇EU 北朝鮮など23カ国を資金洗浄・テロ支援国に指定へ

 欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会は13日(現地時間)、北朝鮮をはじめイラン、シリア、サウジアラビアなど23カ国・地域をマネーロンダリング(資金洗浄)およびテロ資金支援国に暫定指定したと発表した。韓国は含まれなかった。EUは28の加盟国と欧州議会の承認を受けた後、マネーロンダリングおよびテロ支援国のリストを最終確定する。

EU本部(資料写真)=(EPA=聯合ニュース)

◇韓米外相きょうポーランドで会談 米朝首脳会談の最終調整

 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は14日(現地時間)、ポーランド・ワルシャワで米国のポンペオ国務長官と会談を行う。両氏は中東の安全保障問題を話し合う閣僚級の国際会議に出席するため、ポーランドを訪問している。康氏とポンペオ氏は今月末の朝米(米朝)首脳会談の具体的な交渉戦略を最終調整するとみられる。

◇妊娠中絶の実態調査 きょう結果発表

 保健福祉部は、韓国保健社会研究院に依頼して昨年7~8月に女性1万人を対象に行った妊娠中絶手術の実態調査の結果を、14日午前に発表する。医療界は女性団体などとともに現行の堕胎罪の廃止を主張している。大韓産婦人科医師会は、保健福祉部が昨年8月に中絶手術を非道徳的診療行為と規定し、手術を行った医師を1カ月の資格停止処分にする行政規則を公布したことに反発し、中絶手術の全面拒否を宣言した。

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください