Go to Contents
検索

記事一覧

与野党が大気汚染対策で協力 PM対策関連法制定へ=韓国

2019.03.06 18:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の与野党は6日、微小粒子状物質(PM2.5)を含む粒子状物質による大気汚染を国の指定する災害に含める内容などを骨子とするPM関連法案を13日の国会本会議で可決することを決めた。

左から羅卿ウォン氏、洪永杓氏、金寛永氏=6日、ソウル(聯合ニュース)

 与党「共に民主党」の洪永杓(ホン・ヨンピョ)院内代表、最大野党「自由韓国党」の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)院内代表、野党第2党「正しい未来党」の金寛永(キム・グァンヨン)院内代表がこの日、緊急の会合を開いて合意した。

 各院内代表は災害および安全管理基本法、液化石油ガス安全管理事業法、大気の質改善法などPM対策と関連する法案を一括処理することで一致した。

 また社会的弱者にPM用のマスクなど必要な物品を支給するために予備費を早急に執行するほか、必要であれば、追加補正予算を組むことも検討する。

 中国から飛来するPMへの対策に向け、同国との外交協力を強化するため国会レベルでの訪中団を構成することでも一致した。

yugiri@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください