Go to Contents
検索

記事一覧

造船世界一の現代重工が大宇買収 中間持ち株会社設立へ=韓国

2019.03.08 18:07

【ソウル聯合ニュース】造船世界最大手の韓国・現代重工業は8日、同世界大手の大宇造船海洋の筆頭株主である韓国政府系の韓国産業銀行と大宇造船の買収に関する本契約を締結したと発表した。

現代重工業が大宇造船を買収する契約を締結した(コラージュ)=(聯合ニュース)

 今回の買収により現代重工業は「韓国造船海洋」(仮称)を設立し、産業銀行は保有する大宇造船の全株式を譲渡して韓国造船海洋の株式を受け取る。

 韓国造船海洋は、中間持ち株会社として大宇造船と現代重工業(事業法人)、現代三湖重工業、現代尾浦造船の4社を傘下に持つことになる。

 現代重工業は今年上半期に臨時株主総会を開いて会社分割を議決する予定で、両社の海外売り上げが発生する欧州連合(EU)や中国、日本などで企業結合審査が行われた後に新会社の設立と出資が行われる見通しだ。

契約式に出席した産業銀行の李東傑(イ・ドンゴル)会長(左)と現代重工業の権五甲副会長=8日、ソウル(聯合ニュース)

 現代重工業持ち株会社の権五甲(クォン・オガプ)副会長は契約式で、「今回の大宇造船の買収は韓国造船産業の成長と発展を主導してきた現代重工業グループの使命感と責任感から出発したものだ」と説明。新たに発足する韓国造船海洋をグループ4社のコントロールタワー兼研究・開発(R&D)、エンジニアリング専門企業として発展させ、技術競争力を引き上げると強調した。

ynhrm@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください