Go to Contents
検索

おすすめ #V.I
記事一覧

韓国警察 V.I入隊後も性接待疑惑の捜査継続

2019.03.11 16:35

【ソウル聯合ニュース】韓国警察が、自身の会社の投資者に対し性接待をした疑惑などが取り沙汰されている人気グループBIGBANG(ビッグバン)のV.I(ヴィアイ、本名イ・スンヒョン)さん(28)について、兵役による軍入隊後も捜査を続ける方針を明らかにした。V.Iさんは25日に入隊する予定だ。

警察はV.Iさんの軍入隊後も性接待疑惑に関する捜査を続ける方針を明らかにした(コラージュ)=(聯合ニュース)

 警察庁トップの閔カプ龍(ミン・カプリョン)警察庁長は11日の記者懇談会で、V.Iさんが入隊した後も警察が捜査から手を引くことはできないとした上で「国防部と協議し捜査を滞りなく進める」と説明した。

 V.Iさん入隊後は捜査が警察から軍の検察に移管されるのではないかとの質問に対しては、「過去に、重要な事件の場合は国防部との協議を経て警察が引き続き捜査を行った。(警察が)捜査すべき必要性がある場合は警察が捜査を続けると解釈される」と答えた。また、「入隊前に比べ手続き上、いろいろと考慮しなければならなくなるが、国防部と協議し、警察が捜査を続ける」と述べた。

 あるインターネットメディアは先月26日、V.Iさんが投資会社の設立を準備中だった2015年12月にV.Iさんと同社の代表、社員がコミュニケーションアプリ「カカオトーク」で交わしたメッセージの内容を公開した。そこには外国人投資者への性接待をほのめかすやり取りがあった。

 これに先立ち、V.Iさんが社内取締役を務めていたソウルのクラブ「バーニングサン」を巡る薬物取引や性犯罪、警察との癒着などの疑惑が浮上。V.Iさんが同クラブの実際の運営者だったのではないかとの声も出ている。

 報道を受け、警察は内偵捜査を進め、今月10日にV.Iさんを性売買あっせんなどの行為の処罰に関する法律違反の容疑で立件した。

 V.Iさんは性接待疑惑に関する報道があった翌日の先月27日に警察に出頭し、同疑惑をはじめバーニングサンの経営に実質的に関与したか、同クラブでの薬物取引など違法行為を認識していたかを調べられ、疑惑を全面的に否定した。薬物使用の有無を確認するための尿と毛髪の検査にも応じた。検査結果は陰性だった。

hjc@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください