Go to Contents
検索

記事一覧

北朝鮮ミサイル発射場 「外形上の施設復旧ほぼ完了」=韓国国防部

2019.03.13 16:33

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は13日、国会国防委員会所属議員への報告で、北朝鮮北西部・東倉里のミサイル発射場での復旧の動きに関し、「現在、外形的な施設復旧はほぼ完了したと把握されているが、機能的に復旧したかどうかは確認されていない」と明らかにした。

東倉里のミサイル発射場を撮影した衛星写真(38ノース/デジタルグローブ提供)=(聯合ニュース)

 国防部は、先月27~28日に行われた2回目の米朝首脳会談の直前から北朝鮮が同ミサイル発射場を一部復旧し始めたと把握し、これを会談が成功した場合の海外査察団などの訪問のための準備作業と推定した。北朝鮮が昨年5月に北東部・豊渓里の核実験場の坑道を爆破した際にも、海外記者団の現地訪問前に施設を手入れするなどしていたためだ。

 東倉里のミサイル発射場が通常の運用状態に戻ったとする一部報道については、国防部は事実ではないとみている。米国の北朝鮮分析サイト「38ノース」などは、北朝鮮が関係国専門家の立ち会いの下で閉鎖するとしていた同ミサイル発射場の復旧が進み、通常の運用状態になった可能性があると今月初めに伝えていたが、韓国政府がこれを事実上、否定した形だ。

 国防部はあわせて、北朝鮮が東倉里で大陸間弾道ミサイル(ICBM)または「人工衛星運搬ロケット」を発射する可能性があるとの見方に対しては、「(ミサイル発射場が)機能的に復旧したかどうかは確認されておらず、注視している」と伝えた。機能的に復旧してもミサイルを発射するには相当な事前準備が必要になると説明し、「ミサイル発射の可能性は現段階では分からない」と報告した。

tnak51@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください