Go to Contents
検索

おすすめ #営業利益
記事一覧

社員1人あたりの営業利益 SKハイニックスがトップ=韓国

2019.04.03 10:17

【ソウル聯合ニュース】韓国企業のうち、昨年の社員1人あたりの営業利益が最も多かった企業はSKハイニックスだったことが3日、分かった。

昨年の社員1人あたりの営業利益が最も多かった企業はSKハイニックスだった(イラスト)=(聯合ニュース)

 就職情報サイト、サラムインが、売上高上位100社のうち、昨年の事業報告書を公示した88社の社員1人あたりの営業利益を分析した結果、平均1億6100万ウォン(約1600万円)と集計された。

 企業別ではSKハイニックスが8億200万ウォンでトップだった。次いでSK総合化学(6億5300万ウォン)、麗川NCC(6億4800万ウォン)、ハンファトタル(6億3100万ウォン)、ロッテケミカル(6億2300万ウォン)などの順。

 サムスン電子(5億7100万ウォン)、高麗亜鉛(5億4900万ウォン)、現代グロービズ(5億4500万ウォン)も5億ウォンを超えた。

 調査対象となった企業の昨年の営業利益は平均1兆5562億ウォンで、世界半導体市場の好況によりサムスン電子(58兆8866億ウォン)が1位、SKハイニックス(20兆8437億ウォン)が2位を記録した。3~5位はポスコ(5兆5426億ウォン)、LG電子(2兆7032億ウォン)、現代自動車(2兆4221億ウォン)。

 前年比の営業利益増加率の1、2位もSKハイニックス(7兆1224億ウォン増)、サムスン電子(5兆2416億ウォン増)だった。

hjc@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください