Go to Contents
検索

記事一覧

金正恩氏「朝鮮半島問題の共同調整に意味ある対話」 プーチン氏と会談

2019.04.25 14:07

【ウラジオストク聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)は25日、ロシアのプーチン大統領と首脳会談を行い、冒頭発言で「全世界の注目が朝鮮半島問題に集まっているが、この問題を共に評価してお互いの見解を共有し、また今後、共同で調整・研究していくために非常に意味ある対話になると考える」と述べた。

握手を交わす金委員長(左)とプーチン大統領=25日、ウラジオストク(AFP=聯合ニュース)

 会談はロシア極東ウラジオストクのルースキー島にある極東連邦大で行われている。金委員長は「長い親善の歴史と伝統を持つ両国関係をより強固に、健全に発展させる上で非常に有益な会談になるだろう」とも述べた。また、自身をロシアに招いてくれたことに対し、プーチン大統領に感謝の意を伝えた。

 両首脳はこの日午後2時5分(日本時間午後1時5分)ごろ、極東連邦大で対面。先に会談場に到着したプーチン大統領が建物の入り口で金委員長を出迎え、握手を交わした。

 両氏は約1時間、1対1で会談した後、双方の代表団が加わる拡大会合に臨む。

 会談では北朝鮮の非核化に対する相応の措置としての制裁緩和問題や、経済協力をはじめとする両国関係の懸案を議論するとみられる。

 ロ朝首脳会談の開催は、2011年8月に故金正日(キム・ジョンイル)総書記とメドベージェフ大統領(当時)が行って以来8年ぶり。金委員長のロシア訪問は今回が初めてで、前日の24日にウラジオストク入りした。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください