Go to Contents
検索

おすすめ #ハンガリー
記事一覧

ハンガリーに救援隊派遣へ セウォル号事故経験した潜水士も=韓国消防

2019.05.30 17:33

【世宗聯合ニュース】ハンガリーの首都ブダペストを流れるドナウ川で29日夜(日本時間30日未明)に韓国人観光客を乗せた遊覧船が沈没する事故が起こり多数の死者や行方不明者が出たことを受け、韓国消防庁は30日、潜水士を含む国際救援隊を現地に派遣すると発表した。

事故現場で救助船が行方不明者の捜索を行っている=30日、ブダペスト(EPA=聯合ニュース)

 国際救援隊は、消防庁救助本部の指揮官1人と潜水士9人、通訳などの安全支援スタッフ2人で構成され、30日午後8時に仁川国際空港を出発する。

 消防庁の潜水士が国際救援隊として派遣されるのは今回が初めて。潜水士の多くは2014年に起きた旅客船セウォル号沈没事故の際に捜索活動に参加したベテランだ。

 救援隊は、外交部に所属する6人と共に迅速対応チームの一員として現地に派遣され、ハンガリー当局と協議して行方不明者の捜索や遺体の引き揚げなどの作業を行う計画だ。

 消防庁の関係者は「現在装備の点検を終え、出国準備を行っている」とし、「現地で捜索活動にすぐ参加できるかは状況を確認しなければならない」と説明した。

 消防庁は1997年以降、14カ国に15回にわたり国際救援隊を派遣した。

 過去には2008年の中国・四川大地震、10年のハイチ地震、11年の東日本大震災、13年のフィリピンの台風被害など、陸上で発生した災害を中心に国際救援隊が投入された。

 外交部によると、今回沈没した遊覧船に乗船していたのは35人で、韓国人は観光客30人とソウルから同行した引率者1人、現地ガイド2人の計33人だった。うち7人の死亡が確認され、7人が救助されたが、19人は行方不明となっている。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください