Go to Contents
検索

おすすめ #北朝鮮
記事一覧

平壌での国際見本市に外国企業270社参加 昨年の2.5倍=朝鮮総連機関紙

2019.06.05 14:59

【ソウル聯合ニュース】国際社会による制裁が続く中、北朝鮮が外資獲得と商品輸出を目的に毎年開催している国際見本市「平壌国際商品展覧会」に参加した外国企業が昨年より増加した。在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)機関紙の朝鮮新報が5日、伝えた。

平壌国際商品展覧会の会場=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)《転載・転用禁止》

 朝鮮新報によると、平壌で先月20~24日に開かれた「第22回平壌春季国際商品展覧会」に中国、ロシア、パキスタン、タイ、イタリア、フィンランド、マレーシア、キューバ、モンゴル、シリア、インドネシア、ニュージーランドなど19カ国・地域から270社が参加した。

 外国企業の数は昨年の約2.5倍に上り、北朝鮮の国内企業も合わせると約450社が参加したという。

 政府傘下の朝鮮国際展覧社の関係者は、朝鮮新報とのインタビューで「わが国の国際的地位が非常に高くなる中、われわれと経済関係を積極化しようという各国の意思、支配と隷属の古い国際秩序を壊し、自主的に生きようとする国々の共同志向と要求の発揚だ」と述べた。

 朝鮮新報によると、外国企業のうち今年も中国企業が大部分を占めたが、パキスタン、タイ、フィンランドなどの企業が北朝鮮との経済協力に積極的な姿勢と意欲を見せたという。

平壌国際商品展覧会の展示ブース=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)《転載・転用禁止》

 特に北朝鮮と親密な関係にあるパキスタンからは異例の9社が参加し、同国の伝統木工芸品を出品した企業の関係者は「貿易取引で相互信頼関係を構築する目的で参加した」とし、「朝鮮との経済協力の明るい見通しを信じる」と述べた。

 展覧会に初参加したロシア・モスクワの企業の社長は「5年前から朝鮮と貿易取引を行っているが、新たな販路を開拓し、朝鮮との経済協力を拡大するために展覧会に来た」と強調した。

 北朝鮮企業も輸出を目的に多くの新製品を展示したが、特にボート、小型遊覧艇、ヨットなど新しい形態の軽量で丈夫な繊維強化プラスチック製の遊覧用船舶が注目を浴びた。国際商品展覧会に北朝鮮製の船舶が出品されたのは今回が初めて。

 このほか、3DプリンターやUV(紫外線)プリンターを初導入して作られた、飲食店・商店用の看板や名札も展示された。

平壌国際商品展覧会の展示ブース=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)《転載・転用禁止》

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください