Go to Contents
検索

おすすめ #中朝首脳会談
政治

中朝会談は平和に寄与 非核化交渉の早期再開期待=韓国大統領府

2019.06.21 20:38

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は21日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)と中国の習近平国家主席の会談に関連し、「朝鮮半島と北東アジア地域の平和と安定に寄与するもう一つの契機になった」と評価した。高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官が伝えた。

北朝鮮の朝鮮中央通信は21日、金委員長と習主席が20日に平壌で会談したと報じた=21日、ソウル(朝鮮中央通信=聯合ニュース)

 高氏は「今回の北中(中朝)首脳会談と近く開催される韓米首脳会談を機に朝鮮半島の完全な非核化に向けた対話と交渉が早期に再開されると期待している」と強調した。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は同日、金委員長と習主席が20日に行った会談で地域の平和と発展のために中朝関係をさらに発展させることで一致したと報じた。

 同通信は、両首脳が会談で「朝鮮半島情勢をはじめとする重大な国際、地域問題に対して幅広く意見交換した」とし、「現在のように国際、地域情勢において深刻かつ複雑な変化が起きている環境の中で朝中(中朝)の両党、両国間の関係を一層発展させることは両国の共同の利益に合致し、地域の平和と安定、発展に有利だと評価した」と伝えた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 政治
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください