Go to Contents
検索

おすすめ #深沢潮 #小説
記事一覧

在日コリアン作家・深沢潮の短編集 韓国で翻訳出版

2019.06.27 15:14

【ソウル聯合ニュース】在日コリアンの小説家、深沢潮の短編集「縁を結うひと」が27日、韓国で翻訳出版された。

「縁を結うひと」の韓国語版「かなえアジュンマ」の表紙(出版社提供、転載・転用禁止)=(聯合ニュース)

 深沢氏は2012年、在日コリアンの縁談をまとめる「お見合いおばさん」を描いた「金江のおばさん」が「女による女のためのR―18文学賞」大賞を受賞し、本格的に文壇デビューした。

 この短編集を翻訳したキム・ミンジョンさんは27日、聯合ニュースとのインタビューで「深沢氏の作品が韓国で翻訳されるのは初めてだ」とし、「6編の短編小説の主人公は在日同胞で、家族との微妙な関係、社会との乖離(かいり)感、認知症の祖父母に対するいらだちと自責の念など、人間が普遍的に経験する問題を扱っている」と紹介した。

 深沢氏の小説には、「女性」と「在日コリアン」が主なテーマとして登場する。「金江のおばさん」は、30年間で200組の縁談を成立させた仲人、金江福の目を通して在日社会を描いた。

 キムさんは「深沢氏は、女性たちの物語を実感をもって書く作家だ」としながら「ささやかな日常の対話が小説の中で光を放ち、『リアル』な感覚を読者に伝える」と評価した。

 また「韓国と日本が対立する時代から、これからは共通の問題で悩む時代になりつつあるし、そうなるべきだと信じる」とし、「韓国人と日本人が手を取り合って未来に向かって進む時、在日同胞もそこに共にいることを願う」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください