Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

文大統領 トランプ氏と会談へ=南北・米の首脳会談実現するか注目 

2019.06.30 09:36

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日午前、韓国を公式訪問しているトランプ米大統領と首脳会談を行う。また、トランプ氏の南北非武装地帯(DMZ)訪問に同行するとされる。トランプ氏は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)にDMZでの再会を提案しており、南北と米国首脳による歴史的な3カ国会談が実現するか注目される。

文大統領(右)とトランプ大統領=(聯合ニュース)

 青瓦台(大統領府)は米朝首脳がDMZで再会することはもちろん、3カ国首脳会談などあらゆる状況に備えているようだ。

 トランプ氏は前日に行われた文大統領との夕食会の前に、記者団に北朝鮮側から連絡があったかどうかを問われ、「そうだ。連絡があった」と答えており、3カ国首脳会談開催が現実味を帯びてきた。

 文大統領は2017年11月のトランプ氏の来韓当時、一緒にDMZを訪問する予定だったが、気象の悪化で見送った。今回はDMZで北朝鮮に対するメッセージを発信するとされる。

 一方、文大統領の就任後、8回目となる韓米首脳会談では米朝間の非核化交渉の進展に向けた協議が行われる見通し。

 両国の高官4人が同席する首脳会談の後、昼食会を兼ねた拡大会談を行う予定。午後1時からは両首脳による共同記者会見が予定されている。

csi@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください