Go to Contents
検索

おすすめ #文化財 #日本
記事一覧

日本から戻った朝鮮王朝時代の石造文化財 ソウルの博物館で公開

2019.07.02 18:16

【ソウル聯合ニュース】石造文化財を展示する韓国・ソウルの「ウリイェッドル博物館(コリアン・ストーン・アート・ミュージアム)」は2日、日本から戻ってきた朝鮮王朝時代の石造遺物8点を公開した。墓前に置く将軍の姿をした将軍石(武石人)、墓や寺の前に置く石灯籠の長明燈、墓碑を支えるために使われていたとみられる碑石台、水瓶それぞれ2点で、同博物館が尾沢輝行さん夫妻から寄贈を受けた。

博物館で行われた石造遺物の除幕式=2日、ソウル(聯合ニュース)

 これら石造物は、朝鮮と満州を行き来しながら事業をしていた尾沢さんの母方の祖父が1927年に競売で手に入れたもので、尾沢さんが母親を通じて譲り受け、悩んだ末に寄贈を決めたとされる。先月14日にウリイェッドル博物館に到着し、庭園に設置された。

 韓国に戻ってきた将軍石は、威厳のある表情、よろいの肩に刻まれた鬼面文(文様)が印象的と評される。長明燈2点は士大夫家で使用されたものとみられ、屋根の部分の形がやや特殊という。

 ウリイェッドル博物館は2001年にも、日本に渡った石造文化財約70点を取り戻している。

博物館で行われた記念式に出席した尾沢氏(右)=2日、ソウル(聯合ニュース)
日本から戻ってきた朝鮮王朝時代の石造遺物=2日、ソウル(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください