Go to Contents
検索

おすすめ #日韓 #好感度
記事一覧

日本に好感持つ韓国人12% 91年の調査開始以来最低=韓国ギャラップ

2019.07.12 14:18

【ソウル聯合ニュース】世論調査会社の韓国ギャラップは12日、韓国人の日本に対する好感度が10%台前半に下落したとする調査結果を発表した。

 同社が9~11日に全国の成人1005人を対象に行った調査で「日本に好感を持っている」と答えた人は12%で、1991年の調査開始以来最低を記録した。「日本に好感を持っていない」と答えた人は77%だった。

 日本に対する好感度は、91年(38%)以降の調査で浮き沈みを繰り返した。

 韓日が共催したサッカー・ワールドカップ(W杯)の翌年の2003年には35%を記録し、島根県の「竹島の日」の条例が制定された05年には20%に下落した。

 11年の東日本大震災発生直後の調査では、41%と過去最高を記録した。

 光復(日本による植民地支配からの解放)70年を迎えた15年、日本の植民地支配に抵抗して起きた三・一運動を記念する3月1日の「三・一節」の直前に行われた調査では、日本に対する好感度(17%)が初めて20%を下回り、今回の調査ではさらに下落した。 

 日本人に対しては「好感を持っている」が41%、「好感を持っていない」が43%と意見が拮抗(きっこう)した。

 日本による対韓輸出規制などを巡る韓日間の紛争については「日本政府の責任だ」とした人の割合が61%で、「韓国政府の責任だ」(17%)に比べ40ポイント以上高かった。

 最大野党「自由韓国党」の支持層では唯一、「韓国政府の責任だ」(40%)とする回答が「日本政府の責任だ」(33%)を上回った。

 日本製品の不買運動には、67%が「参加する意向がある」と答えた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください