Go to Contents
検索

おすすめ #日本車
記事一覧

韓国で日本車「快走」 エコカー人気背景=不買影響は限定的?

2019.07.14 14:07

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会などは14日までに、韓国トヨタ自動車の2019年3月期(18年4月~19年3月)の売上高が1兆1976億ウォン(約1100億円)で、前の期比14.2%増加したと発表した。1兆ウォンを超えるのは2年連続。16年3月期(5969億ウォン)から3年で倍増した。

今年3月のソウルモーターショーで新車を紹介する韓国トヨタの武村信之社長=(聯合ニュース)

 輸入車市場での売上高の順位は15年に5位だったが、昨年はメルセデス・ベンツ、BMWに次ぐ3位に浮上した。19年3月期の営業利益率は5.7%と、メルセデス・ベンツ(3.4%)を大きく上回った。

 ホンダコリアも19年3月期の売上高が4764億ウォンで前の期比12.6%増加、営業利益は196億ウォンで同286.0%の大幅増となった。売上高は16年同期(2133億ウォン)の2倍超に上り、売上高の順位は15年の10位から昨年は7位に上昇した。

 韓国でエコカーへの関心が高まるなか、ハイブリッド車(HV)などエコカーに強い日本車の販売が伸びたようだ。主力モデルにHVがない韓国日産は唯一苦戦しており、19年3月期の売上高は2106億ウォンで前の期比25.6%減少、140億ウォンの営業損失を計上した。

 日本車の好調は今年に入っても続いている。上半期(1~6月)の輸入車市場に占める日本ブランド(レクサス、トヨタ、ホンダ、日産、インフィニティ)のシェアは21.5%で、10年(25.3%)以来の高水準を記録した。日本ブランドの上半期の販売台数は計2万3482台で、前年同期比10.3%増加した。

 韓国では日本政府による対韓輸出規制の強化に反発して、日本製品の不買運動が起きている。ただ、自動車業界関係者は「日本車の人気が冷める可能性はあるが、耐久財の購入は一般消費財と特性が異なるため影響は少ないとの分析もある」としている。

日本政府が対韓輸出規制の強化に踏み切ったことを受け、自営業者らがソウルの日本大使館前で日本製品の販売中止を宣言し、不買運動を呼びかけた=(聯合ニュース)

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください