Go to Contents
検索

おすすめ #韓国映画 #韓流
記事一覧

[韓流]カンヌ最高賞「寄生虫」 韓国で観客1千万人突破

2019.07.22 10:43

【ソウル聯合ニュース】韓国映画振興委員会の統計によると、カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞したポン・ジュノ監督の「寄生虫」(原題、英題パラサイト)の観客動員数が、21日に1000万人を突破した。

映画「寄生虫」のポスター(CJエンターテインメント提供、転載・転用禁止)=(聯合ニュース)

 封切りから53日目での大台超えで、韓国では歴代26作目。今年に入ってからは韓国映画「極限職業」(原題)、米ハリウッド大作「アベンジャーズ/エンドゲーム」、ディズニーの名作アニメの実写版「アラジン」に続き4作目。ポン監督にとっては「グエムル―漢江の怪物―」(2006年)に続き2作目の1000万人突破となった。

 この映画は、家族全員が無職のキテク(ソン・ガンホ)一家の長男(チェ・ウシク)が、家庭教師の面接のためにパク社長(イ・ソンギュン)の家を訪れたことから始まる予期せぬ事件を描く。

 韓国映画史上初のパルムドール受賞作という話題性に加え、映画に散りばめられたメタファーを探すため複数回映画館に足を運ぶリピーターが多い。

 ポン監督は「予想もできなかった状況でとても驚いた」とし、「観客の皆さんに感謝する」とコメントした。

 主演のソン・ガンホも「『寄生虫』という映画がこれほど愛されたのは、観客の皆さんの韓国映画に対する自負心と深い愛情の結果で、光栄だ」と伝えた。

映画のワンシーン(CJエンターテインメント提供、転載・転用禁止)=(聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください