Go to Contents
検索

おすすめ #輸出規制
記事一覧

韓日軍事協定の延長可否 24日まで慎重検討=韓国大統領秘書室長

2019.08.06 14:37

【ソウル聯合ニュース】韓国の盧英敏(ノ・ヨンミン)大統領秘書室長は6日の国会運営委員会で、日本と締結した軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を延長するかどうかについて、「現在まで何も決まっておらず、検討している」と答弁した。

国会運営委員会に出席した盧氏(右)=6日、ソウル(聯合ニュース)

 ただ、「(韓国を)『ホワイト国』から除外することを決めた日本と敏感な軍事情報の交流を続けることが果たして正しいかについて疑問があるのは事実」と表明。「24日が(協定を更新するかどうかの)通告期限のため、そのときまで引き続き慎重に検討する」と述べた。

 米国が協定を破棄しないよう求めたかどうかに関しては、「米国の立場では韓米日が軍事・安全保障的な協力体制を維持することを強く望んでいる」とした上で、「(米国が)公式に伝達したものはない」と明らかにした。

 また、「韓日の貿易紛争や日本の貿易報復について米国に仲裁を要請していない」とし、「今後も仲裁を要請する考えはない」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください