Go to Contents
検索

おすすめ #不買運動
記事一覧

ユニクロ・無印良品のアプリ利用者急減 不買運動のあおりで=韓国

2019.08.09 11:24

【ソウル聯合ニュース】日本の対韓輸出規制強化で韓日関係が悪化し、韓国で日本製品の不買運動が広がる中、カジュアル衣料品店「ユニクロ」など日本のブランドが韓国でサービスするモバイルアプリの利用者数が急減していることが9日、分かった。

ユニクロの韓国版アプリ(グーグルプレイより)=(聯合ニュース)

 アプリ分析などを手掛ける韓国のIGAワークスによると、ユニクロアプリ(アンドロイド版)の7月の月間利用者数(MAU)は51万440人で、前月の72万1472人に比べ29%減少した。上半期(1~6月)平均と比べても28%減った。

 1日当たりの利用者数(DAU)では下落幅がさらに大きく、前月比、上半期平均比でそれぞれ40%減となった。

 ユニクロだけでなく、生活雑貨店「無印良品」のアプリ利用者数も大きく減っている。無印良品アプリ(アンドロイド版)の7月のMAUは4万2713人で、前月(7万2011人)に比べ41%減少した。上半期平均との比較では22%の減となった。DAUベースでも前月に比べ44%、上半期平均に比べ27%、それぞれ減少した。

 IGAワークスは、日本政府が7月1日に半導体などの材料3品目の韓国向け輸出規制強化を発表して以降、ユニクロや無印良品など日本を代表するブランドのアプリユーザー数が急減するといった目に見える変化があったと説明している。

 アプリ配信ストア、グーグルプレイのユニクロ韓国版アプリのダウンロードページにはここ最近、不買運動などに絡めたユーザーからの辛口コメントが次々と寄せられている。

 ユニクロは一時、韓国市場で飛ぶ鳥を落とす勢いだったが、不買運動の直撃を受けているようだ。韓国のあるデパートでは出店するユニクロの7月の売上高が前年同月比30%減少したとの集計もある。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください