Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

文大統領 駐米大使・法務相ら閣僚級10人交代=外相は留任

2019.08.09 11:49

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は9日、次期駐米大使に北朝鮮核問題を巡る6カ国協議の初代首席代表を務めた李秀赫(イ・スヒョク)国会議員(与党・共に民主党)を内定したほか、法務部長官ら4人の閣僚ら計10人の閣僚級を交代する内閣改造を行った。康京和(カン・ギョンファ)外交部長官と鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は留任した。

法部部長官に内定されたチョ氏(上段左端)ら新たに起用される10人(資料写真)=(聯合ニュース)

 内閣改造は7閣僚を交代した3月8日以来となる。今回閣外に去る4人のうち、3人は来年4月の総選挙に出馬する予定で、総選挙を見据えた人事とみられる。

 とりわけ、文大統領は新たな法務部長官に野党が強く反対している最側近のチョ国(チョ・グク)前青瓦台民情首席秘書官を起用し、2017年の大統領選で公約に掲げた検察改革を加速化させたい固い意志を示した。

 青瓦台(大統領府)の高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官は「文政権の改革政策を一貫性を持って安定的に推進することに力点を置いた」と説明。「道徳性を基本とし、当該分野の専門家をまず考慮した」として、「文政権の第2期内閣が事実上完成した」と述べた。

 旧日本軍の慰安婦被害者の支援などを担う女性家族部の長官には李貞玉(イ・ジョンオク)大邱カトリック大教授を指名した。

 高氏は次期駐米大使に李氏が起用されたことについて、「韓米の外交関係を継承、発展させ、懸案を解決していくと思う」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください