Go to Contents
検索

おすすめ
きょうの主なニュース

韓国 けさのニュース(8月13日)

2019.08.13 10:00

◇与党・政府・大統領府が初の対策会議 輸出規制に対応

 与党「共に民主党」と政府、青瓦台(大統領府)は、13日午後に国会議員会館で日本の輸出規制への対応に向けた状況点検・対策委員会の会議を開き、政府が打ち出した対策の現場での履行状況などを点検する。日本が「ホワイト国(輸出管理の優遇対象国)」から韓国を除外することを閣議決定したことを受け今月4日に開かれた協議会で与党、政府、青瓦台が対策を議論し、状況点検・対策委員会を構成して以来初めての会議となる。

4日に国会で開かれた政府、与党、大統領府による協議会の様子=(聯合ニュース)

◇首都圏などで午前まで雨 大邱・春川は最高気温36度

 13日は全国的に雲が多く、首都圏など中部地方の西海岸と京畿道北部の内陸地方は午前中まで雨が降る見通し。内陸地方ではところにより午後から夜にかけてにわか雨が降り、突風や落雷を伴って一部地域では1時間に30ミリ以上の激しい雨が降りそうだ。最高気温は29~36度で、ソウルで34度、大邱と春川で36度、大田で34度、釜山で32度、光州で34度などと予想される。

◇金正恩氏 「新型兵器体系」開発者の昇進命じる

 北朝鮮は、新たな兵器体系を研究開発した軍需分野の科学者103人について「昇進人事」を行ったと発表した。朝鮮中央通信などのメディアは、「金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が自衛的国防力強化に大きく貢献した国防科学研究部門の科学者らの軍事称号を引き上げる命令第008号を下達した」と報じた。北朝鮮は近ごろ韓米合同軍事演習を口実に、非核化に向けた米朝実務交渉の再開を引き延ばすと同時に新型兵器体系の開発に拍車をかけている。

◇ソウル市の職員採用筆記試験 競争率53倍

 ソウル市は2019年の職員の一般採用と経験者採用の筆記試験の願書を受け付けた結果、363人の採用枠に1万9247人が志願し、平均競争率は53倍を記録したと明らかにした。職務別では行政職が102.5倍で最も高く、研究職が36.4倍、技術職が32.8倍だった。

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください