Go to Contents
検索

記事一覧

韓国大統領府高官「日本の二律背反な態度に対しても外交努力」

2019.08.28 08:58

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の金尚祖(キム・サンジョ)政策室長(閣僚級)は28日、「日本の輸出規制措置が過去の歴史に端を発したことを明確に知りながらも、日本政府は歴史問題と輸出規制問題を切り離す戦略で一貫している」と指摘した上で、「わが政府は日本の二律背反的な態度に対し、さまざまな外交的努力を傾けている」と強調した。輸出規制への対策に取り組む政府・与党・青瓦台の委員会の会合で発言した。日本政府はこの日、輸出管理の優遇対象国から韓国を除外する政令を施行した。

金政策室長(資料写真)=(聯合ニュース)

 金氏は韓日間の紛争の円満解決に向け政府は外交努力を続けるとした一方で、「今回の状況がいつどのように終息するかに関係なく、韓国の素材・部品・装備(装置や設備)産業のあり方を根本的に革新する絶好の機会ととらえるべきだ」と述べた。オープンな環境下で供給網安定などの対策を立てて実行していき、研究開発(R&D)投資の戦略改善策も話し合いたいとした。

 また金氏は、先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)など国際的な外交舞台で日本の安倍晋三首相が歴史は書き換えられないという趣旨の発言をしているとし、「自身に使うべき言葉を韓国政府を非難する表現として使用している」と批判した。

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください