Go to Contents
検索

おすすめ #輸出規制 #日韓
記事一覧

日本路線最大34%減少も 輸出規制影響=韓国与党議員 

2019.08.29 10:24

【ソウル聯合ニュース】日本政府が7月から対韓輸出規制を強化したことにより、韓国と日本を結ぶ航空路線が最大で34%減少する可能性があることが分かった。国会国土交通委員会所属の尹昊重(ユン・ホジュン)議員(与党・共に民主党)が29日、国土交通部の資料を基に明らかにした。

尹昊重議員=(聯合ニュース)

 資料によると、輸出規制措置以前の日本路線の運航回数は週1187往復だったが、8月26日からの週は185往復減の1002往復と集計された。

 尹議員は、現在各航空会社が検討中の減便まで含めると、日本路線の運航回数は週780往復まで縮小すると見通した。輸出規制以前と比べると34.3%減となる。

 日本路線の搭乗率は7月最終週から減少傾向を示し、8月第3週は前年同期比22.2%減少した。

 また、8月と9月の日本路線の予約率は、8月が前年同月比16.9ポイント、9月が同19.6ポイントそれぞれ減少した。

 尹議員は「(旅行が)迫っている状況での計画変更やキャンセルは多くなかったが、新規予約は確実に減少している」と分析した。 

 また「減少している韓日航空運航は、日本の不当な輸出規制措置に対する韓国国民の自発的で合理的な対応の結果だ」とし、「韓日両国の関係改善のために日本は韓国の対話の要請に応じるべきだ」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください