Go to Contents
検索

記事一覧

来年度の南北協力基金10%増額 経済協力インフラ構築など=韓国

2019.08.29 12:00

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は北朝鮮との南北関係に進展がみられない中でも南北協力を通じた「平和経済」を推し進めるため、2020年度(1~12月)の南北協力基金を1兆2203億ウォン(約1067億円)と、今年度に比べ10.3%増額する。統一部が29日、明らかにした。

統一部(資料写真)=(聯合ニュース)

 統一部が編成した20年度予算案は、一般会計2183億ウォンと南北協力基金1兆2203億ウォンの計1兆4386億ウォン。

 南北協力基金は19年度から1140億ウォン増え、2年連続の1兆ウォン台となる。基金の運営費を除くと、事業費は1兆2176億ウォン。ただ、南北関係の動きに左右されるため、予算執行は流動的だ。 

 18年度は基金の約20%を執行したが、今年は南北交流・協力事業が滞っており、7月末時点で5%しか執行されていない。

 統一部当局者は「予算を通して、南北関係改善と平和協力に対するわが政府の意思を確固にするもの」と説明した。

 南北協力基金の内訳をみると、南北の鉄道・道路連結など経済協力インフラの整備に前年比14.0%増の4890億ウォンが充てられる。山林協力事業も1275億ウォンに増額される。

 北朝鮮への人道的な食糧支援も強化する。今年はコメ10万トンの支援を想定したが、来年は支援規模を20万トンに増やす。これにより救援・支援の予算は73.9%増の1417億ウォンとなる。

 一方、一般会計は19年度から小幅減少した。政府の「平和経済」構想を具体化する事業に予算を集中的に配分した。

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください