Go to Contents
検索

おすすめ #予算案 #日韓
記事一覧

対日外交費用を大幅拡大 米中対立への対応も重視=韓国外交部予算案

2019.08.29 20:11

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は2020年度(1~12月)予算案で、対日本外交に必要な財源を用意することに重点を置いた。

外交部が2020年度の予算案で対日本外交に必要な財源を用意することに重点を置いたことが分かった=(聯合ニュースTV)

 外交部が編成した20年度予算案は2兆7328億ウォン(約2394億円)で、前年比11.5%増加した。

 注目されるのは「韓日新時代複合ネットワーク構築事業」の51億ウォン。前年度(12億ウォン)より4倍以上増えた。

 この予算は日本の地方自治体とのネットワークを構築し、日本側関係者を韓国に招くのに使われる予定だ。日本の一般市民を対象にした事業も構想中だ。

 また、激しさを増す米中の対立に対応するために情勢を分析し、政策を用意するための予算17億ウォンが新たに編成された。

 米国、中国、日本、ロシアの朝鮮半島周辺の主要4カ国を中心に公共外交(公報文化外交)を積極的に進めるために必要な予算も前年度(27億ウォン)より2.5倍近く多い72億ウォンを配分した。これらの国で主な外交懸案と関連した韓国政府の立場を説明するのに使われる予定だ。 

 新南方政策を推進することを目的に、東南アジア諸国連合(ASEAN)をはじめとする東南アジア地域との交流協力の強化のための予算を前年度の16億ウォンから18億ウォンに、新北方政策推進のための予算を4億ウォンから5億ウォンにそれぞれ増額した。

 国際社会における韓国の地位を高めるため、国際機関分担金として5075億ウォン、政府開発援助(ODA)には9179億ウォンを編成した。

 ODAの増加率は13.7%で最近5年で最も高く、インドネシアなど新南方政策の対象地域やウズベキスタンなど新北方政策の対象地域を中心に増額した。 

 政府予算案が前年度比約9%増加したのに対し、外交部予算案は11.6%増加したことなどについて、外交部当局者は「政府の外交力強化に対する意思を示したもの」とコメントした。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください