Go to Contents
検索

記事一覧

[韓流]カンヌ最高賞「パラサイト」 北米の映画祭に立て続けに登場

2019.08.30 14:19

【ソウル聯合ニュース】カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した韓国のポン・ジュノ監督の「パラサイト 半地下の家族」が、月末から9月にかけて北米の映画祭に相次ぎ登場する。10月11日の北米公開を前に注目を集めそうだ。

韓国でのポスター。原題「寄生虫」、英題「パラサイト」(CJエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 配給会社のCJエンターテインメントは30日、「パラサイト 半地下の家族」が同日(現地時間)に開幕するテルライド映画祭に招かれたと伝えた。米コロラド州で開催される映画祭で、厳選した作家の作品と芸術映画を上映している。

 9月5日に始まる北米最大の映画祭、トロント国際映画祭にも招待された。続いて、ホラーやファンタジーなどジャンルを絞ったファンタスティック・フェスト(米テキサス州、9月16日開幕)とニューヨーク映画祭(同27日開幕)で上映される。

 ポン監督はこれら四つの映画祭全てに出席する予定だ。主演のソン・ガンホはテルライド映画祭とトロント国際映画祭、チェ・ウシクはトロント国際映画祭にそれぞれ参加する。

 「パラサイト 半地下の家族」は来年の米アカデミー賞国際長編映画賞(旧外国語映画賞)部門の韓国代表に選ばれている。同賞は毎年各国から1作品が出品される。授賞式は来年2月。

 この作品は、家族全員が無職のキテク(ソン・ガンホ)一家の長男(チェ・ウシク)が、家庭教師の面接のためにパク社長(イ・ソンギュン)の家を訪れたことから始まる予期せぬ事件を描く。

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください