Go to Contents
検索

記事一覧

現代・起亜自の上半期欧州販売 トヨタ・ホンダ合計上回る

2019.09.02 09:29

【ソウル聯合ニュース】韓国の自動車大手、現代自動車グループ(現代自動車と起亜自動車)の上半期の欧州販売台数が日本のトヨタ自動車を上回った。トヨタとレクサスブランドにホンダを加えても、現代自グループの方が多かった。2012年からこうした状況が続いている。

現代自動車のチェコ工場(資料写真)=(聯合ニュース)

 現代自グループは2日までに、上半期の欧州販売を現代28万4396台、起亜26万8305台の計55万2701台と集計した。

 一方、トヨタは38万7360台、レクサスは2万7510台、ホンダは6万6601台だった。計48万1471台。

 現代自グループは2012年の販売台数が77万2196台と、トヨタ・レクサス・ホンダの合計(68万4431台)を抜いた後、毎年7万6000~14万3000台の差を付けている。同グループは欧州進出から41年となる昨年の販売が初めて100万台を突破した。

 同グループの関係者は、現代と起亜の欧州戦略が当たった一方、日本車は市場のトレンドに乗れなかったと分析した。欧州はディーゼル車が中心だったが、日本車はガソリン車とハイブリッド車(HV)が多かった。現代と起亜は、以前はディーゼル車に、エコカーが伸びている最近は電気自動車(EV)とHVに力を入れている。また、現地の消費者が好むデザインを取り入れ、モータースポーツでブランド認知度も上げた。

 ただ、日産自動車とマツダ、三菱自動車を加えた今年上半期の日本車販売は90万5572台で、現代・起亜を大きく引き離した。日本車に比べると韓国車の存在感はまだ小さいといえる。 

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください