Go to Contents
検索

記事一覧

サムスン電子 日本製フッ化水素の一部代替を実現

2019.09.03 20:54

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子が半導体の製造工程で、フッ化水素の一部を日本製ではない国産品などに代替したことが分かった。純度などの要求度が比較的低い工程から徐々に拡大していく計画という。同社関係者が3日、明らかにした。

日本は7月4日から、半導体やディスプレーなどの製造に必要なフッ化水素など3品目の韓国向け輸出規制を強化した(イラスト)=(聯合ニュース)

 業界関係者によると、今回使われたフッ化水素には韓国企業が生産した製品も含まれているもようだ。

 日本は7月4日から、半導体やディスプレーなどの製造に必要なフッ化水素など3品目の韓国向け輸出規制を強化した。

 サムスン電子は日本の輸出規制強化の直後から日本製フッ化水素の代替品を求め国内外の製品のテストを進めていたが、業界では代替品を工程に使用するには3~6カ月程度の時間が必要とみられていた。 

 一方、韓国半導体大手のSKハイニックスは代替品をテスト中で、パネル大手のLGディスプレーはすでに韓国製のフッ化水素を使用。サムスンディスプレーは近日中に代替品のテストを終える見通しだ。

yugiri@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください