Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

秘書に性的暴行の前知事 上告審で実刑判決=韓国

2019.09.09 11:00

【ソウル聯合ニュース】韓国大法院(最高裁)は9日、元女性秘書に対する性的暴行の罪などに問われた韓国の前忠清南道知事の安熙正(アン・ヒジョン)被告の上告審で、二審判決を支持し、懲役3年6カ月の実刑判決を言い渡した。

安熙正被告(コラージュ)=(聯合ニュース)

 安被告は2017年7月から昨年2月まで、秘書だったキム・ジウンさんに対し、4回の性的暴行を加え、6回にわたり業務上威力による強制わいせつ行為をした罪などで起訴された。

 与党・共に民主党の有力政治家だった安被告は次期大統領候補にも挙げられていたが、秘書だったキムさんが昨年3月、テレビ番組で安被告から性的暴行を受けたと実名で告発。安被告は知事辞職に追い込まれ、キムさんに対する業務上威力による姦淫や強制わいせつの罪などで翌4月に在宅起訴された。

 昨年8月の一審判決は「被害者の心理状態がどうだったかは別として、少なくとも被告人が威力を行使したというような状況はない」として無罪としたが、二審で高裁は「被害供述に一貫性があり、信ぴょう性が認められる」として、一審判決を破棄し懲役3年6カ月の実刑判決を言い渡した。

csi@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください