Go to Contents
検索

記事一覧

アフリカ豚コレラ発生で防疫協力要請 北朝鮮から返事なし=韓国

2019.09.19 14:45

【ソウル聯合ニュース】韓国の統一部当局者は19日、記者団から北朝鮮との軍事境界線に近い地域で豚の伝染病、アフリカ豚コレラの感染が確認されたことを受け、北朝鮮側に防疫への協力を求めたことについて問われ、「まだ返事がない」と答えた。

韓国中部の忠清北道陰城郡の畜産物関連施設で豚を乗せたトラックの消毒作業が行われている=19日、陰城(聯合ニュース)

 韓国政府は18日午前、南北共同連絡事務所を通じ、韓国内でアフリカ豚コレラの感染が確認されたことを通知。防疫への協力を要請する通知文を送った。同日午後と19日午前、定例の連絡代表による接触が行われたが、北朝鮮側から返事はなかったという。

 韓国政府は5月末にも北朝鮮でアフリカ豚コレラの感染が確認されたことを受け、防疫への協力を提案したが、北朝鮮は何の反応も示さなかった。

 膠着(こうちゃく)状態に陥っている南北関係を考慮すれば、今回も応じない可能性がある。

 一方、北朝鮮の養苗場の近代化事業に関しては、対北朝鮮制裁の例外として認められる必要がある品目について米国側と協議を終えたと説明した。これまで韓国政府は南北協力事業をめぐり、北朝鮮側との協議後に制裁の例外として認定させたが、最近は効率を高めるため、可能な品目は先に制裁の例外として認めさせた後に北朝鮮側と協議している。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください