Go to Contents
検索

おすすめ #サイバー攻撃
政治

北朝鮮のサイバー攻撃継続 「脅威拡大」=韓国国防相

2019.09.20 14:55

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)長官は20日、同部とサイバー作戦司令部が開催した「2019国防サイバー安保カンファレンス」に出席し、あいさつの中で「今この瞬間もサイバー空間では北をはじめとする不特定の勢力による攻撃が続いており、サイバー安全保障に対する脅威が全方位に拡大している」と述べた。

鄭長官(資料写真)=(聯合ニュース)

 鄭氏はサイバー安保への脅威が「超国家的かつ非軍事的な脅威としてさらに拡張している」との見方を示した。

 鄭氏が北朝鮮の仕業と推定される主なハッキング事件や北朝鮮のサイバー攻撃の能力について公の場で取り上げたのはやや異例のことで注目されている。

 また、鄭氏は「北はサイバー戦力増強に向けて専門人材の育成、最新技術の研究・開発を続けているとみられる。2016年にわが軍は北の仕業と推定されるサイバー攻撃を受けた」と述べた。このサイバー攻撃は、16年に当時の韓民求(ハン・ミング)長官のパソコンをはじめ国防部のイントラネットが北朝鮮と推定されるハッカーによって攻撃を受けた事件を指す。

hjc@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 政治
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください