Go to Contents
検索

記事一覧

韓国・現代自 2024年めどに自動運転車の量産開始

2019.09.24 09:56

【ニューヨーク聯合ニュース】韓国・現代自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)総括首席副会長は23日(米東部時間)、訪問先の米ニューヨークで韓国の記者団と懇談し、「自動運転技術を2022年末ごろまでに完成車に搭載して試験走行に入り、24年には本格的に(自動運転車を)量産することが目標だ」と述べた。

現代自動車グループの鄭総括首席副会長=23日、ニューヨーク(聯合ニュース)

 鄭氏は「性能だけでなくコスト面でも満足いくものにしなければならない。われわれが開発したソフトウエアソリューション(自動運転システム)が優れているなら、外部の完成車メーカーにも供給が可能」と説明した。2020~30年代には自動車の製品と技術サービスを融合した企業に飛躍したい考えだ。

 また、水素を燃料にする燃料電池車(FCV)には自動運転が適しているとして、自動運転車とともにFCVの開発にも取り組むと述べた。

 鄭氏は今回、自動運転分野で高い技術を持つ米自動車部品大手アプティブ(旧デルファイ・オートモーティブ)と合弁会社の設立契約を締結するため訪米した。現代自動車グループとアプティブがそれぞれ20億ドル(約2150億円)を出資する。同氏は「われわれは人と人をつなぐビジネスをするため、安全が最も重要だ」と強調し、安全と効率性を重視するアプティブとの協力に意欲を示した。

 一方、貿易を巡る韓日の対立が長期化の様相を見せる中、自社への影響について「一部の化学素材が問題ながら、調達先の多様化、安定化に取り組んでいる」と答えた。また「両国の経済関係が正常に、うまく維持されれば」と希望を口にした。

懇談談会の様子(現代自動車グループ提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください