Go to Contents
検索

おすすめ #中韓 #外相会談
政治

韓中外相が会談 北非核化や朝鮮半島平和で協力継続へ

2019.09.26 08:55

【ニューヨーク聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は25日(米東部時間)、国連総会に合わせて米ニューヨークで中国の王毅外相と会談した。韓中関係の発展策や北朝鮮核問題をはじめとする朝鮮半島情勢について意見を交わした。

国連本部で会談した康外交部長官(左)と王外相(外交部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 両首脳は8月1日にタイ・バンコク、同月20日に中国・北京で会談している。9月初めの王氏訪朝後に会うのは初めて。

 韓国外交部の当局者によると、王氏は自身の訪朝結果や感想などを説明した。同氏は北朝鮮で李洙ヨン(リ・スヨン)朝鮮労働党副委員長や李容浩(リ・ヨンホ)外相と会っている。

 韓中外相は北朝鮮の非核化に関し、米朝間の実務対話の早期再開を通じて朝鮮半島非核化と恒久的な平和構築へ実質的な進展を図ることが重要との認識で一致した。そのために両国が引き続き協力することも申し合わせたとされる。

 韓中関係では外相レベルによる頻繁かつ緊密な意思疎通を評価した上で、両国関係をさらに発展させていくことで一致した。

 この会談に先立ち、康氏は国連世界食糧計画(WFP)のビーズリー事務局長と会談し、飢餓撲滅への協力策、WFPの発展途上国向け食糧援助、北朝鮮への人道的な支援について意見交換した。

 26日午後(日本時間27日早朝)には日本の茂木敏充外相と会談する。今月就任した茂木氏とは初の会談となる。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 政治
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください