Go to Contents
検索

記事一覧

韓国ユニクロの売上高 大型セール実施も急減=不買運動続く

2019.10.31 10:05

【ソウル聯合ニュース】韓国で日本政府の対韓輸出規制強化を受けて広まった日本製品不買運動のターゲットとなったカジュアル衣料品店のユニクロが大型セールを実施したにもかかわらず売上高が急減したことが31日、分かった。

ソウル市内のユニクロ店舗前で、学生団体のメンバーが日本による植民地時代の戦犯企業などを批判する1人デモを行っている(資料写真)=(聯合ニュース)

 朴洸温(パク・クァンオン)国会議員(与党・共に民主党)が韓国のクレジットカード会社8社から提出を受けたカード売上高に関する資料を分析した結果、ユニクロの9月の売上高は91億ウォン(約8億5000万円)で前年同月の275億ウォンに比べ67%減少した。今月1~14日の売上高(81億ウォン)も前年同期比61%急減した。

  ユニクロは韓国進出15周年を記念し、今月3日から最大で半額になる感謝セールを実施。オンラインストアでは一部の人気商品が売り切れとなり、店舗には買い物客が押し寄せ、不買運動の勢いが衰えたのではないかとの指摘も出た。

 しかし、朴議員は「ユニクロが大規模なセールを実施中だが売上高は改善していない。一部ではユニクロが息を吹き返しているとの見方も出ているが実際に韓国の消費者の不買運動は続いている」と述べた。同社のCMが旧日本軍の慰安婦被害者を冒瀆(ぼうとく)したとの批判が出た今月18日以降の売上高はさらに落ち込むだろうとの見通しも示した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください