Go to Contents
検索

記事一覧

文大統領がASEAN会議終え帰国 安倍首相と歓談も

2019.11.05 18:47

【バンコク聯合ニュース】東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議に出席するためタイ・バンコクを訪問した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が5日午後、帰国した。3日間の同国訪問中、ASEANプラス3(韓中日)首脳会議や東アジア首脳会議(EAS)などに出席した。

タイ訪問を終えソウル空港(軍用空港)に到着後、手を振る文大統領夫妻=5日、城南(聯合ニュース)

 文大統領は4日、ASEANプラス3首脳会議の前に日本の安倍晋三首相と控え室で11分間、一対一で歓談した。韓国青瓦台(大統領府)は「両首脳は韓日関係が重要であることで一致し、両国関係の懸案は対話を通じて解決するという原則を改めて確認した」と明らかにした。

 両首脳が着席して言葉を交わしたのは昨年9月の米ニューヨークでの首脳会談以来、約1年1カ月ぶり。韓国大法院(最高裁)の強制徴用判決や日本の対韓輸出規制強化などで悪化の一途をたどっている韓日関係の改善のきっかけになるか注目される。

 文大統領はまた、今回のタイ訪問を機に、今月25日から韓国南部の釜山で開く韓・ASEAN特別首脳会議と第1回韓・メコン首脳会議の成功に向けたASEAN加盟国の協力を求めた。両会議の開幕を約20日後に控え、一堂に会したASEAN各国から改めて協力を取り付けたことで、ASEANなどとの協力を強化する韓国政府の「新南方政策」を広げ、深めていくための足掛かりを得た。

 文大統領はあわせて、韓国や日本、中国、ASEAN加盟国など計16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の首脳会合に出席。各国の規範を調和させ、世界の景気悪化を共に克服し、自由貿易の価値を広げていこうと強調した。会合では、インドを除く15カ国が来年の署名を目指すことでまとまった。

4日、バンコクで歓談する文大統領(右)と安倍首相(青瓦台提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

tnak51@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください