Go to Contents
検索

おすすめ #南北
政治

韓国政府 北朝鮮住民を初めて追放=海上で16人殺害か

2019.11.07 17:12

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は7日、朝鮮半島東側の東海の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)を越えて韓国側海域に入り、2日に韓国軍当局に拿捕(だほ)された漁船に乗っていた北朝鮮住民2人について、7日午後に南北軍事境界線がある板門店で北朝鮮に追放したと発表した。政府が北朝鮮住民を追放したのは今回が初めて。

板門店(資料写真)=(聯合ニュース)

 統一部の李相旻(イ・サンミン)報道官はこの日の会見で、「(韓国政府の)合同調査の結果、2人は20代の男性で、東海上で操業中のイカ釣り漁船で乗組員16人を殺害して逃走したことが確認された」と明らかにした。

 その上で、殺人などの重大な非政治的犯罪は保護の対象にならず、韓国国民の生命と安全に脅威を与えるほか、凶悪犯罪者は国際法上の難民として認められないことから政府内で協議して追放を決めたと説明した。

 金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官の国会外交統一委員会での説明によると、2人は8月中旬に北朝鮮東部の金策港を出航した船に乗ってロシア海域などでイカ漁をしていたが、暴力を振るう船長を3人で共謀して殺害。犯行を隠蔽(いんぺい)するため漁船の乗組員15人も殺害した。北部の慈江道に逃走するため、金策港付近に移動したが共犯の1人が逮捕され、再び逃走した。韓国に入る過程で海軍に発見され2日間逃走。警告射撃を受けながらも逃走を試みたという。

 韓国政府は、2人が乗っていた船舶も8日に北方限界線上で北朝鮮側に引き渡す方針だ。

 統一部の関係者は「凶悪犯罪者かどうかを抜きにして(韓国側が取り調べた)北の住民を追放する形で引き渡したのは今回が初めてだ」とし、「マニュアル上では『退去措置』に当たる」と述べた。

 北朝鮮住民の犯罪容疑に関しては「政府の合同調査過程で容疑について供述した」とし、「遺体は海に遺棄したようだ」と説明した。

 一方で、明確な証拠を確保したのかとの問いには「追加調査が必要だとみられる」と述べ、北朝鮮側が調査を行うべきだとの見方を示した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 政治
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください