Go to Contents
検索

おすすめ #自動車
記事一覧

韓国の自動車生産 リーマン・ショック以降最低に

2019.11.10 17:10

【ソウル聯合ニュース】韓国の自動車産業がリーマン・ショック後、最も振るわない。輸出と国内販売がいずれも鈍化し、今年は年間生産台数が400万台を割り込む可能性が高まった。

韓国の今年の自動車年間生産台数が400万台を割り込む可能性が高まった=(聯合ニュースTV)

 韓国自動車産業協会によると、韓国完成車メーカーの1~10月の販売台数(輸出と国内販売)は324万2340台で、前年同期比0.7%減少した。1~10月としては2009年(278万5914台)以降で最も少ない。

 このままの流れが続く場合、年間販売台数は2015年(456万3507台)から4年連続で減少が続くとみられ、400万台達成も容易ではないと予想される。400万台を達成するには11、12月の2カ月間に月平均37万9000台以上を販売しなければならないが、1~10月の月平均販売台数は32万4000台にとどまった。

 同期間の輸出台数は198万5632台で、前年同期比0.3%減少し、09年(169万6279台)以降で最低となった。ただ、輸出額は354億ドル(約3兆8700億円)で同6.8%増加した。

 国内販売も振るわない。同期間の国内販売台数は125万6708台で、同1.2%減少した。

 販売不振で自動車生産台数はリーマン・ショック後初めて400万台を割り込むとの見通しが出ている。

 1~10月の自動車生産台数は326万6698台で、同0.4%減少した。年間400万台を達成するためには年末までに月平均約36万7000台を生産しなければならい。

hjc@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください