Go to Contents
検索

おすすめ #産業活動 #生産
記事一覧

10月の産業生産0.4%減 消費と投資もマイナス=韓国

2019.11.29 10:10

【世宗聯合ニュース】韓国統計庁が29日発表した10月の産業活動動向によると、全産業(農林漁業除く)の生産は前月比0.4%減少した。消費と投資も下がった。これら主要指標がそろってマイナスとなるのは2月以来、8カ月ぶり。

10月は生産、消費、投資がそろって減少した(イラスト)=(聯合ニュース)

 前月比の産業生産は9月も0.4%減少しており、2カ月連続減となった。10月はサービス業と建設業がプラス転換した半面、自動車と電子部品を中心に鉱工業生産が減少したことが響いた。

 消費動向を示す小売販売は9月に前月比2.3%のマイナスに転じたのに続き、10月も0.5%減少した。

 10月の設備投資も前月比0.8%減少し、連続増は4カ月でストップした。

 景気の現状を示す一致指数の循環変動値は前月から0.1ポイント下落した。一方、景気の先行きを示す先行指数の循環変動値は0.2ポイント上がった。2カ月連続の上昇で、2017年4~6月以降では初めて。

 統計庁の担当課長は「数値をみると先行指数の循環変動値が2カ月連続で上昇し、この先の景気見通しはポジティブなシグナルが強まった」と述べた。ただ、一致指数の循環変動値は下落したため、まだ底入れしたとは言い難いとした。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください