Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

韓国輸出額が12カ月連続マイナス 日本向けは10.9%減

2019.12.01 11:17

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部が1日に発表した11月の輸出額(通関ベース)は441億ドル(約4兆8300億円)で、前年同月比14.3%減少した。主力の半導体や石油化学分野の不振が続いた上、操業日数減少などの要因が複合的に作用したことが響いた。

コンテナの積み下ろし作業が行われている港(資料写真)=(聯合ニュース)

 輸出は昨年12月以降、12カ月連続のマイナスで、今年6月からは2桁の減少率が続いている。これで今年の輸出は2016年(5.9%減)以来となる前年比マイナスになる見通しで、「2年連続6000億ドル達成」の目標も事実上、遠のいた。

 品目別にみると、半導体(30.8%減)、ディスプレー(23.4%減)、2次電池(17.7%減)、繊維(12.3%減)、石油化学(19.0%減)、石油製品(11.9%減)、船舶(62.1%減)などが振るわなかった。

 一方、コンピューター(23.5%増)や化粧品(9.9%増)、バイオ・ヘルス(5.8%増)などは増加した。自動車は1.4%減少したが、電気自動車(EV)は87.8%の大幅増を記録した。

 輸出先別では中国向けが12.2%減、欧州連合(EU)向けが21.9%減、中南米向けが15.9%減、米国向けが8.3%減となった。日本向けは10.9%減となったが、日本政府の輸出規制強化に伴う影響は限定的と分析された。

 11月の輸入額は13%減の407億3000万ドル。5月以来、7カ月連続で減少が続いている。

 輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は33億7000万ドルの黒字で、94カ月連続の黒字となった。

csi@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください