Go to Contents
検索

記事一覧

米大使が北朝鮮の挑発をけん制 国連安保理の会合で

2019.12.12 09:21

【ニューヨーク聯合ニュース】国連の安全保障理事会は11日(米東部時間)、北朝鮮のミサイル開発問題を議論する公開会合を開いた。会合は米国が要請したもので、同国のクラフト国連大使は北朝鮮に対し、弾道ミサイル技術を利用した衛星の打ち上げや大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射による挑発をしないよう警告した。また、米国は柔軟な交渉の準備ができているとしながら、協議に応じるよう促した。

会合を進行する米国のクラフト国連大使=(AFP=聯合ニュース)

 クラフト氏は「北朝鮮はこれから数週間以内に『新たな道』に進むと威嚇しており、深刻な挑発の再開を暗示する発表をしてきた」と指摘。核兵器で米大陸を攻撃するために考案されたICBMの発射もあり得ることを意味すると見なした。

 北朝鮮が近ごろ短距離ミサイルや飛翔(ひしょう)体を相次ぎ発射していることを取り上げながら、「弾道ミサイル発射は射程に関係なく地域の安全保障と安定を損ない、国連の北朝鮮制裁決議に明白に違反する」と批判。「未来へのより良い道を探るチャンスの扉を閉じる危険がある」と懸念を示した。

 ミサイルと核実験は北朝鮮に安保と安定をもたらさず、北朝鮮が目指す経済的な機会の達成にも役立たないとした上で、「われわれは北朝鮮が敵対と威嚇を遠ざけ、代わりにわれわれ全員とかかわるために大胆な決定をするものと信じる」と述べた。一方で、「そうでないことが分かれば、安保理はそれに応じた行動を取る準備をしなければならない」と警告した。

 クラフト氏は「われわれはこれまで何度も、包括的なプロセスに関与する準備ができていると表明してきた。今も並行して行動し、合意に向け具体的な措置を同時に取る準備ができており、われわれがアプローチする方式で柔軟になる用意がある」と強調した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください