Go to Contents
検索

記事一覧

[韓流]ポン・ジュノ監督 米トーク番組に初出演=カンヌでの裏話公開

2019.12.13 09:14

【ロサンゼルス聯合ニュース】最新作「パラサイト 半地下の家族」でカンヌ国際映画祭の最高賞、パルムドールをはじめとする国内外の映画賞を受賞した韓国のポン・ジュノ監督が10日(現地時間)、米NBCテレビのトーク番組「ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン」に出演した。米芸能メディアのデッドラインが12日、伝えた。

「ザ・トゥナイト・ショー」に出演したポン・ジュノ監督(中央、ユーチューブより)=(聯合ニュース)

 ポン監督が米国のテレビのトークショーに出演したのは初めて。

 司会者のジミー・ファロンが映画のあらすじを紹介するよう求めると、ポン監督は「(観客が)ストーリーを知らずに見に行った方が面白いのではないか」として、「貧しい一家の子どもが金持ちの家に家庭教師に行くことで起こる話だ」と簡単に紹介した。また、基本的にヒューマンストーリーでありながらおかしくて恐ろしい、いくつもの異質な要素を含んでいる映画だと説明した。

 ポン監督はカンヌ映画祭での裏話として、受賞後の舞台あいさつの時間が遅くなり午前0時を過ぎるまで夕食も食べていない状況だったが、観客のスタンディングオベーションが終わらず、出演者らが立っている後ろのスクリーンに「とてもお腹がすいている」と字幕を出したエピソードを公開した。

 それでも観客の熱気は冷めず、ポン監督が自らマイクを取って「もう家に帰らなければならない時間だ」と話し、ようやく場内を落ち着かせたという。

ynhrm@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください