Go to Contents
検索

記事一覧

独立運動から100年 文大統領が記念事業委員招き昼食会

2019.12.13 16:01

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日、日本による植民地時代に起きた独立運動「三・一運動」と中国での「大韓民国臨時政府」樹立から100年の記念事業を推進する委員会の委員らを青瓦台(大統領府)に招き、昼食会を行った。

昼食会で演説する文大統領=13日、ソウル(聯合ニュース)

 演説に立った文大統領は「三・一独立運動と臨時政府樹立から100年が過ぎた今、また別の特権の政治が続き、繁栄の中での深刻な経済的不平等が身分と差別をつくり出してはいないか、謙虚に振り返るべきときだ」と述べた。

 臨時政府の臨時憲章が大韓民国を民主共和制とすることを規定し、人民の一切の平等をうたっていることを取り上げながら、「今、われわれは民主共和制を真に具現し、一切の平等を完全に成し遂げているのか」と問いただした。こうした反省を踏まえると国の新たな100年の道は明確だとし、それは「公正と自由、平等を土台に、共に繁栄することだ」と言葉に力を込めた。

 文大統領は続けて、「100年前、共に立ち上がったからこそ勇気を出せた。三・一運動と臨時政府の精神は永遠に輝くだろう。『共に豊かに暮らす国』『平和の朝鮮半島』も、共にしてこそ成し遂げられるわれわれの目標だ」と語った。

昼食会で演説する文大統領=13日、ソウル(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください