Go to Contents
検索

記事一覧

韓国の粒子状物質 年平均で減少傾向も高濃度日が増加

2019.12.13 20:21

【世宗聯合ニュース】韓国で粒子状物質(PM)の濃度が年間平均では減少傾向にあるものの、1立方メートル当たりの微小粒子状物質(PM2.5)の濃度が76マイクログラム以上の「非常に悪い」状態になる回数は増加傾向にあることが分かった。

ソウル市内の様子。右側の12日は粒子状物質に覆われた3日前(左)に比べ鮮明に見える=(聯合ニュース)

 統計庁が13日までに発表した資料によると、粒子状物質(PM10)の年間平均濃度は2001年には、1立方メートル当たり60マイクログラムだったが徐々に下がり、18年には40マイクログラム程度になった。

 PM2.5の年間平均濃度も15年には約26マイクログラムだったが、18年には約23マイクログラムまで下がった。

 一方で、ソウル市では2015年以降、PM2.5の1日の平均濃度が76マイクログラム以上の「非常に悪い」状態になる頻度が増加傾向にある。15年と16年は一度もなかったが、17年は3日、18年は2日、19年は9日あった。

 資料はこのような現象が起きる理由について、朝鮮半島周辺で風が弱まる頻度が増えた影響と説明した。

yugiri@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください