Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

訪韓の米代表 北に改めて対話促す=統一相と懇談会

2019.12.16 15:38

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部によると、訪韓中の米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表は16日、ソウル市内で金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官との非公開の懇談会に出席し、「(北朝鮮と)妥当性のある段階と柔軟な措置を通じ、バランスの取れた合意に達する準備ができている」との立場を示した。また、2018年6月にシンガポールで開いた初の米朝首脳会談に触れ、米国は両首脳が合意したものについて、対話を通じて達成するとも語った。

握手を交わす金長官(右)とビーガン氏(統一部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 金長官は「米朝交渉の実質的な進展のため、努力する必要がある」と強調。双方は今後も緊密に協力することで一致したという。

 ビーガン氏はこの日午前、外交部の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長と会談後に記者会見で「私たちはここにおり、あなたたちは私たちとどう接触するのかを知っている」と話し、北朝鮮に会談を提案した。

 統一部を通じて非公開懇談会の内容を発表したのは、北朝鮮側に改めて対話を促すメッセージを送ったものと受け止められる。

csi@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください