Go to Contents
検索

おすすめ #在韓米軍
記事一覧

在韓米軍の駐留経費交渉 米国代表「要求は50億ドルではない」

2019.12.18 21:00

【ソウル聯合ニュース】2020年以降の在韓米軍駐留経費の韓国側負担を決める韓米の交渉で米国側の首席代表を務めるジェームス・ディハート防衛費分担交渉代表は18日、米国側の要求額が50億ドル(約5470億円)ではないと明らかにした。

協議後の記者懇談会で発言するディハート氏(共同取材団)=18日、ソウル(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ディハート氏はこの日の5回目の協議の終了後にソウルで開かれた記者懇談会で、米国の要求額を50億ドルとする報道と関連し、「私たちは調整し、折衝してきた」とし、合意する額は当初の提案とは大きく異なるとの見通しを示した。

 また「米国の要求額は50億ドルではないのか」と問われ、「そうだ」とし、交渉でやり取りしている数字ではないと述べた。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください