Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

国会議長の強制徴用解決案に反発 「撤回まで戦う」=韓国支援団体

2019.12.19 20:03

【光州聯合ニュース】韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が強制徴用被害者への賠償問題を巡って、両国の企業と国民から寄付を募り、被害者に支給する法案を提出したことについて、被害者らを支援する「勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)とともにする市民の集まり」など31の市民団体は19日、与党「共に民主党」の光州支部前で記者会見を開き、「法案が撤回されるまで戦う」と強調した。

強制徴用被害者の梁錦徳(ヤン・グムドク)さん(同団体提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 文氏は18日、同法案を与野党議員13人と共同で提出した。

 団体は「日本政府と戦犯企業の歴史的・法的な責任を問わないまま、加害者に免罪符を与える法案」として、「歴史的な対立の根本原因から目をそらし、被害者の和解だけを強要する法案は真の解決策にならない」と批判した。

 また、「歴史を後退させた国会議員を決して座視しない」とし、「国会議員から(同法案に対する)賛否の意見を聞き、その結果を市民に知らせる」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください