Go to Contents
検索

おすすめ #輸出規制
記事一覧

日本が対韓輸出規制を一部緩和 首脳会談控え前向きな措置

2019.12.20 21:30

【ソウル聯合ニュース】日本政府が20日、対韓輸出規制を一部緩和する措置を取った。7月に施行した輸出規制措置のごく一部を制限的に緩和したものにすぎないが、24日に韓日首脳会談を控えており、関係改善に向けた肯定的なメッセージと受け止められる。

日本が対韓輸出規制措置を取っているフッ化水素、フッ化ポリイミド、レジスト(イラスト)=(聯合ニュース)

 日本の経済産業省は同日、対韓輸出管理を強化していた半導体材料など3品目のうち、レジスト(感光材)について、個別許可から特定包括許可の対象に変更する通達を出した。特定包括許可は日本企業が一定期間、正常に取引している相手については許可を与える期間を最長3年間に延長する制度。

 日本政府は7月、半導体・ディスプレー材料であるフッ化水素、フッ化ポリイミド、レジストの3品目の対韓輸出を包括許可から個別許可に切り替えた。8月には輸出管理の優遇対象国「グループA(旧ホワイト国)」から韓国を除外した。

 日本政府の今回の措置は16日に東京で約3年半ぶりに開かれた輸出管理政策対話の成果といえる。双方は政策対話後、「両国は輸出管理制度・運用について専門的観点から相互の理解を促進することができた」と発表していた。

 経産省は通達を出す前、韓国政府に事前に通知したようだ。

 22日には中国・北京で韓中日3カ国の貿易担当相会談を開催する予定で、韓国産業通商資源部の成允模(ソン・ユンモ)長官と梶山弘志経産相が個別会談を行う可能性があり、さらに進展した成果が出るか注目される。

 ただ、輸出規制強化措置を一部緩和しただけで、優遇対象国から除外した措置は維持しており、韓国政府は問題解決には不十分との立場を示している。韓国の青瓦台(大統領府)高官は「今回の措置は日本政府が自発的に取ったもので、一部進展といえるが、輸出規制問題の根本的な解決策としては不十分」とのコメントを出した。また、韓国の政府関係者は「一部進展があったといえるが、解決策としてみることは難しい」として、「われわれの目標は(日本が輸出規制措置を取った)7月1日の前に戻ること」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください